Contents
Home 
会長挨拶 
保険医協会とは 
医療制度改善 
協会の主張 
診療報酬改定 
医科研究会 
歯科研究会 
その他の行事 
保団連の書籍 
役員一覧 
事務所ご案内 

副会長談話

 諸先生方におかれましては地域医療に全力で取り組んでおられますことに心から敬意を表します。本協会は「医科・歯科連携して保険医の生活と権利を守るとともに国民医療の充実と向上をはかる」ことを目的に、1978年2月に設立されました。現在の会員数は8月1日におきまして総数1,683名でその内訳は医科1,065名(開業医883名、勤務医百82名)、歯科620名(開業医575名、勤務医43名)です。医科・歯科開業医の約六割が入会しておられます。医科・歯科一体となり保険医の要求、国民の願う医療の実現をめざして活動しております。

 診療しておられる中で思い通りの診療ができず、日々ご苦労も絶えないことと思います。これは日本が世界に誇る国民皆保険制度が歪められているからだと我々は考えております。先人が築き上げ守ってこられたこの制度は決して容易に出来上がったものではなく、常に改悪の攻撃にさらされながらも医療界と国民がそれを守る運動をひろげて受け継がれてきたものです。今、開業医の経営状況は悪化の一途をたどり、過酷な労働環境下の勤務医も疲れ切っています。さらに窓口負担増による受診抑制、医療費抑制政策による医療供給体制の疲弊は国民に深刻な影響を与えています。岐阜県保険医協会はそうした圧力をはねのけて、医師も患者もともに喜べる国民医療制度の実現を目指して活動しています。

 本協会の具体的な活動内容につき以下に簡単に述べます。保険請求、個別指導対策や税務・経営の相談などの解決へのお手伝いをしています。医科・歯科診療や税務・経営研究会など多くの講習会・研究会を開催しています。医師・歯科医師に有利な共済制度を運営しています。患者負担軽減、診療報酬の引き上げや福祉医療制度の拡充など社会保障制度の改善を国・自治体に働きかけています。医療情勢や保険医協会の事業を会員にいち早く伝える新聞や会員限定の書籍などを出版し、診療報酬改定時には詳しくわかりやすい情報をお伝えしています。「日帰りバスツアー」、「スキーツアー」、「作品展」、「市民公開講座」などの文化事業を行っております。スタッフ接遇講座なども開催しています。

 われわれは、開業医にも勤務医にも頼りになる存在でありたいと願っています。きっと先生方のお力になれると確信しております。未入会の先生方、この機会にぜひご入会下さい。メリットは盛り沢山です。会員の先生方、ご子息やお知り合いの先生で未入会の先生がおられましたら、ぜひ保険医協会への入会をお勧めいただき、協会へご連絡ください。私たちとともに医療を良くする運動にご参加ください。心からお待ちしております。

(2015-09)