Contents
Home 
医療情報 
会長挨拶 
保険医協会とは 
医療制度改善 
協会の主張 
診療報酬改定 
医科研究会 
歯科研究会 
その他の行事 
保団連の書籍 
役員一覧 
事務所ご案内 

【歯科】新点数の届出状況
「か強診」は65医療機関、「外来環」「歯援診」も届出増

 今次診療報酬改定に伴う歯科の施設基準の届出状況について、厚生局岐阜事務所の開示資料を調べたところ、6月時点で新設の「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(=か強診)」は65医療機関(6.5%)、「歯科訪問診療料の注13に規定する基準」は85医療機関(8.5%)、「有床義歯咀嚼機能検査」は1医療機関(0.1%)、「手術用顕微鏡加算」は16医療機関(1.6%)であることが分かった(総医療機関数は1,003)。
 また既存項目では、「か強診」の施設基準の研修項目に関連して、「歯科外来診療環境体制加算」が3月時点の342医療機関から351医療機関に9医療機関増加し、同様に「在宅療養支援歯科診療所」も147医療機関から162医療機関に15医療機関増加した。その他、算定要件が見直された「歯科治療総合医療管理料」や「在宅患者歯科治療総合医療管理料」、「CAD/CAM冠」も届出件数が増えている。

(岐阜県保険医新聞2016年7月10日号)