Contents
Home 
会長挨拶 
保険医協会とは 
医療制度改善 
協会の主張 
診療報酬改定 
医科研究会 
歯科研究会 
その他の行事 
保団連の書籍 
役員一覧 
事務所ご案内 

“後発品の品質”や“医薬分業”などに一言
会員アンケートに寄せられた意見②
 8~9月に実施した「後発医薬品の使用等に関する会員アンケート」には、後発医薬品の使用促進の是非から医薬分業のあり方、薬剤審査の問題点に至るまで、さまざまな意見が寄せられました。前月号に引き続いて紹介します。

医薬分業について


▼医薬分業は必要だが、薬局の責任をもっと重くすべき。例えば投薬をレセチェックされた時、返金をクリニックと薬局で折半ぐらいにして、クリニックのみの負担としないようにするべき。ドクターの処方の薬剤師としてのチェックに対する責任を持ってほしい。(50代・小児科開業医・無床診)

▼院内処方より院外処方の方が高くなる仕組みはおかしい。調剤費が高すぎる。医療費全体が高くなっているのは医薬分業のせい。それを後発品推進で改善しようとするのはおかしい。先発品は新薬開発の努力の結果である。(60代・小児科開業医・無床診)

▼医薬分業はよいが、医師の側で錠剤の形、色等の把握が難しいため、患者さんから例えばピンク色の薬と言われても分からない。(70代・内科開業医・無床診)

▼医薬分業の効果が、調剤薬局が患者さんから徴収する金額ほどのものとは思えない。(60代・整形外科開業医・無床診)

▼医薬分業について、明らかに高額になりメリットがない。薬剤師も薬を渡すだけで???(50代・整形外科開業医・無床診)

▼医薬分業すべきだと思うが、あまりにも調剤薬局がいろいろな点数をとることは反対である。院内処方で、以前当院では薬剤師一人が患者につくっていたが、大変で、医薬分業することには賛成。看護師につくらせているところもあり、これには絶対反対。(60代・内科開業医・無床診)

▼特例(離島など)を除き、分業は確実に進めるべき。医師の地位向上のためにも、薬剤師の専門性を追求するためにも分業は必要です。(70代・内科開業医・無床診)

▼多くの薬剤師を食べさせるためだけの政策。すべての医院がやれば医療費はパンクする。医薬分業を早くやめるべきである。(60代・内科開業医・無床診)

▼院内に薬剤師を置くことは、個々の診療所にとっては難しく(人事的、費用的にも)、多少患者の負担が増えるが、薬剤の説明(服用の仕方や副作用など)も十分してくれて患者にメリットもある。また、医師の処方内容のチェック機能もあるので、分業は都市においては望ましいと思う。(70代・耳鼻咽喉科開業医・有床診)

▼医薬分業によるメリットが十分に発揮できていない。かかりつけ薬局のあり方を含めた十分な検討が必要と考える。(50代・内科勤務医・無床診)

▼今のような形では、医薬分業の推進はすべきではない。理由としては、経済的負担が多くなっているが、患者さんの利益はないと思われること。(50代・耳鼻咽喉科開業医・無床診)

▼医薬分業を撤廃すれば、医療費はさらに削減できると思います。(40代・内科開業医・無床診)

▼「医薬分業」を否定する訳ではありませんが、現実では患者さんにとってメリットがあるとは思えません。私ども小児科医にとっては、渡す薬の反応がすぐにみられる点で切り離すことは良くないと思います。国の政策は、製薬資本、薬局(とくにチェーン薬局)に有利性が傾きすぎているのではないでしょうか。このため「医療費」が高騰し、ジェネリックの押しつけでは不合理極まりないと考えています。(70代・小児科開業医・無床診)

▼服薬指導、分包、この二つだけでも高齢者対象となると、院内処方では薬剤師が必要となり、現状では不可。医薬分業が望ましい。(60代・内科開業医・無床診)

▼かかりつけ薬局を患者に決めさせ、調剤料は包括とする。かかりつけ薬局以外での処方の際は、保険調剤不可、もしくは調剤料はかかりつけ薬局に請求する。(40代・開業医・無床診)

▼まず当院の院内処方は、薬局が近くにないと同時に、一日の処方数が四十に達せず、院外処方の引き受け手が生れない。院内処方の方が、負担が少ない(院外に比べると月に千円違うこともある)にもかかわらず、その割に院内処方を褒める人はいない。土、日などは心配なく薬が出せるので良いと思う。(70代・内科開業医・無床診)

▼現在の医薬分業(かかりつけ薬局の機能など)は医療費高騰になっているだけ。後発品個々の特徴が分かるとよいが…。(60代・内科開業医・無床診)

▼門前薬局は明らかに誘導しているだけ。患者の選択の余地がない。院内処方をもっと評価すべき!!(特に田舎やへき地は医薬分業は無理)。(50代・内科開業医・無床診)

▼後発医薬品の品質を保つ必要がある。薬価が高すぎるという実感がある。適正な価格にしてほしい。調剤薬局が極端に潤う仕組みは是正が必要である。(50代・内科開業医・無床診)

薬局・薬剤師について


▼対価に見合う仕事を薬局がしていない。しかし、薬のことまで時間を割けない。(60代・内科開業医・無床診)

▼薬剤師には相応の責任を分担させるべき。(50代・耳鼻咽喉科開業医・無床診)

▼薬局が患者に薬を渡すとき“内容が画一的”で、本当に処方の意味を理解しているか疑問のときがある。(70代・内科開業医・無床診)

▼薬局は加算をとることに精一杯です。加算をもっとシンプルにした方がよい。株式会社ですから、医院とスタンスが違うと感じることがあります。(30代・耳鼻咽喉科開業医・無床診)

▼在宅支援診のように二十四時間体制で医療提供するのだから、調剤薬局も何らかの方法で二十四時間体制の構築を目指すべきでしょう。(50代・内科勤務医・有床診)

▼薬剤師の力量に差があります。他院処方などのチェック機能もあるので、有効と思われることもあります。医院と薬局の連携を密にするための施策が望まれます。(50代・内科開業医・無床診)


(岐阜県保険医新聞2016年1月10日号)