Contents
Home 
医療情報 
会長挨拶 
保険医協会とは 
医療制度改善 
協会の主張 
診療報酬改定 
医科研究会 
歯科研究会 
その他の行事 
保団連の書籍 
役員一覧 
事務所ご案内 

施設基準の届出状況(歯科)
CAD/CAM冠は43.6%、明細書発行加算は62.6%

 今次診療報酬改定から1年が経過した5月、協会が歯科医療機関における施設基準の届出状況について厚生局岐阜事務所の資料を調べたところ、明細書発行体制等加算、CAD/CAM冠の届け出数が大きく増えていることが分かった。
 昨年5月と比べて、明細書発行体制等加算は282件増の623件、歯科外来診療環境体制加算は63件増の328件、歯科口腔リハビリテーション料2も80件増の182件、CAD/CAM冠は307件増の434件となっている。
 4月からの電子レセプト請求義務化に伴う明細書発行体制等加算の届出だけでなく、歯科口腔リハビリテーション料2、CAD/CAM冠などは改定から日が経つにつれ、算定方法の習熟度や医療機関における連携体制充実が高まってきたものと考えられる。

(岐阜県保険医新聞2015年6月10日号)