第19回市民公開講座

笑う門には福来る
~人生を豊かにする
「ゆとり」と「笑い」の関係~


 人間の本質を平易な言葉でつづる落語は、誕生して200年以上経った今日でも色あせることなく、「庶民の芸能」として日本人の心に根付いています。何かと気ぜわしい現代において、ゆったりとした落語の世界をお楽しみ頂くことで、皆さまの日常に彩りを添えることが出来れば幸いです。肩の力を抜いて、大いに笑ってください。短い時間ではございますが、楽しいひとときをお届けいたします。

【演者プロフィール】
桂 鷹治 氏(落語家・二ツ目)
愛知県岡崎出身。
岐阜大学卒業後、2代桂平治(現11代文治)に入門。前座名「たか治」。2016年6月、「鷹治」で二ツ目昇進。
都内の寄席を中心に、北は北海道から南は九州沖縄まで、日本各地で精力的に活動中。独演会のみならず、小学生~高校生対象の学校寄席で落語の普及活動にも尽力。

講 師 桂 鷹治 氏 (落語家・二ツ目)

と き 2019年12月8日()  午前10~11時半

ところ ホテルグランヴェール岐山 カルチャーホール

(岐阜市柳ケ瀬通6-14 TEL058-263-7111)

参加費 無 料

定 員 326人(事前申込制)



※開催案内はこちらからダウンロードできます。【PDF】